Kate spade(ケイトスペード)の偽物の見分け方

 日本でも大人気のKate spade(ケイトスペード)。

 

人気ブランドにはどうしても偽物が流通してしまいます。

 

Kate spade(ケイトスペード)の偽物の見分け方をご紹介いたしますので、参考にしていただいて偽物に騙されないようにしましょうね。

 

 

Kate spade(ケイトスペード)のブランドロゴをチェック!

 

 Kate spade(ケイトスペード)の商品には、色々な場所に「kate spade NEW YORK」というロゴが書かれています。

 

 外箱に書かれたロゴ、紙のブランドタグ、バッグなどの商品についているロゴプレート、洋服などの商品についているロゴが縫い込まれたタグ、財布などの商品についている印字されたロゴなど。

 

本物と偽物とではロゴの大きさが違ったり、ロゴの色が違ったり、フォントが違ったり、ロゴがぼやけていたりと、偽物を見分けるポイントになります。

 

 例えばケイトスペードの本物はゴールドのロゴプレートなのに、シルバーのロゴプレートになっている場合は偽物の可能性大です。

 

 ひどいものでは、別の布タグの上にケイトスペードの布タグが重ね付けされているものもあります。

 

あと「Kade Spate」や「Kute Spade」などと、笑ってしまうくらいあり得ないロゴが発見されたこともあります。

 

 

金具をチェック!

 

 ファスナーやバッグの底足の金属鋲などの金具類も、偽物を見分けるポイントになります。

 

 Kate spade(ケイトスペード)の底足の金属鋲は小さめのサイズです。

 

ピラミッド型やコーン型の金属鋲の場合は偽物の可能性があります。

 

 ファスナーの持ち手についている小さな金具も注目です。

 

金具についているケイトスペードのマークが持ち手の裏面にあれば本物で、表面にある場合は偽物と判断できます。

 

あとは見た目にもわかるくらいにチープな金具が使用されている場合は偽物の可能性が高いです。

 

 

激安で売られているサイト・インターネットショップは要注意!

 

 まずは、偽物が販売されていたという報告があったサイトについてご紹介いたします。

 

 Kate spade(ケイトスペード)のバッグの偽物を激安価格で売っていたインターネットショップでは、「100%本物保障」「直営店から購入」などという言葉が記載されていました。
そういった言葉を信用して偽物を購入してしまう人が後を絶ちません。

 

ちなみに偽物を売っていると報告されたサイトの販売元は中国でした。

 

 

【偽物を売る怪しいサイトかもしれないと判断するポイント】

・特定商取引法の記載がない
・日本語の文章がおかしい
・販売元の記載が曖昧(会社名、所在地、電話番号、責任者の氏名などの記載がないなど)
・連絡先がフリーメールアドレスになっている
・商品写真のアップがない、写真がぼやけている